メイン画像

<震災4年>復興事業ヤマ場の1年に | 河北新報

[2015/03/12 (06:00) - 土地カテゴリー]

東京電力福島第1原発事故の影響が続く福島県では、再生の入り口にさえ立てない自治体がある。 15年度は岩手、宮城で事業が大きく前進する。復興庁は災害公営住宅で6~7割、防災集団移転などの土地造成で4~5割の完工を見込む。 復興の加速化を目指し、多くの被災 ...

[続きを読む]

土地ニュース [新着記事3件]

この記事に対するコメント
名前(任意)
コメント